ふたえ整形

二重を手に入れるには

キレイな目

誰もが憧れるぱっちり二重、日本人は奥二重や一重が多い人種です。誰もが手に入れたいですよね。二重にするために、アイプチなどが流行っています。毎日していれば、癖がついて二重になったりしますよね。ですが、それだけでは解決できない時もあります。そんな時、ふたえ整形を行う方も少なくはないのではないでしょうか。大阪で最も整形手術で多いのはふたえ整形だと言います。
まず、ふたえ整形には二種類あります。目に糸を通して二重にする埋没法。もう1つは、切開法です。部分切開と全切開があり名の通り、部分的に切開するパターンと全部切って切開する方法です。どちらもメリットやデメリットはあります。埋没法のメリットは、まず費用が安いということです。10万円はしないそうです。デメリットは、目が元に戻ってしまうことがあるようです。原因はまぶたの脂肪の厚さなどがあり、個人差があるようです。
続いて、切開法です。メリットは埋没法より強度が強いことです。デメリットは術後元の目には戻せないということです。なので、後悔する人も少なくないみたいです。そして、20万円ほど費用がかかり埋没法より倍高いです。大阪で整形手術と聞くと怖いというイメージがあります。大阪で手術をしようと考えてらっしゃる方はきちんと調べてから決めるのがよいと思います。

ふたえ整形を行うメリット

大阪でふたえ整形をする事によってのメリットはたくさんあります。
メリットの1つ目に「周りの評価が変わる」が挙げられます。二重まぶたになると周りから「目大きいですね」や「綺麗な目ですね」などと、目をチャームポイントとして触れられる回数が増えます。やっぱり二重まぶただと印象が良く見えるのか、周りの評価は良い意味で変わります。私は一重まぶたなのですが「目鋭いね」や「目こわいね」などとマイナスのことばっかりです。
大阪でのふたえ整形のメリット2つ目に「顔つきが柔らかくなる」が挙げられます。一重まぶたの人は目が細いので、顔つきが悪く見られがちです。しかし二重まぶたになると、顔つきが優しく見えるので周りに安心感を与えます。実際のところ、一重の私と二重の兄だと周りの人から声をかけられる回数が全然違います。私の兄は結構人見知りの性格なのですが、仲の良い知り合いがたくさんいます。私は兄に「何で人見知りなのに知り合いが多いの?」と聞いたら「相手から話かけられてきて自然に仲良くなる。俺、話しかけやすい顔をしているらしいよ」と言ってきました。私と兄は顔が似ています。しかし目の大きさだけが極端に違います。一重と二重だと、ここまで相手に対する印象が違うのかと、少しショックを受けました。
このように大阪でふたえ整形をすると良いことはたくさんあります。

ぱっちり二重になるには

一重と二重では、人に与える印象が全然違います。二重の人はいつでもニコニコした印象があります。一方、一重だと全く悪気はないのに怒っている印象をあたえてしまい、人間関係が悪くなってしまうこともあります。
二重の人は生まれつきまぶたに、二重になるための皮膚を引き上げる筋肉があるそうです。その筋肉がなければ一重。どれだけ頑張っても筋肉がないのですから、自然に二重になることはないのです。そこで、それを可能にしてくれるのが大阪のふたえ整形です。なんと、7,350円で両目を二重にすることも可能なのです。極細の医療用糸をまぶたの中に2~3箇所埋め込むだけで、一週間ほど経てば腫れも引き自然な二重が手に入ります。ふたえ整形の施術時間も15分とすぐに終わってしまいます。たったこれだけで長年の悩みがなくなるのであれば損はないでしょう。
大阪ではまぶたが厚い人であれば、全切開法というものがあります。傷跡が二重のラインに沿っているので全く気になりません。こちらは20万円ほどするのですが、埋没法と比べ格段にラインが取れにくく、二重の幅も自分の好みにすることができます。もし周りに、ふたえ整形と思われたくないのであれば転職などを機に二重にし、新しい大阪の職場で胸を張ってみてはいかがでしょうか。


ふたえに憧れる女性はかなり多いと思います。ふたえというだけで、目がぱっちりとなりとてもかわいく見えるので、そこに憧れをもつのは当然でしょう。もし、あなたがふたえになりたいと思っているのでしたら、ふたえの整形が大阪でできるので、行ってみてはいかがですか。大阪のクリニックで相談すれば、きっとあなたもふたえの整形でぱっちりとした目を手に入れることができるでしょう。